闻鹤唳

开学闭关 有缘再会
————————原介绍—————————
雨鹤,幸会。
主要屯图
会一点摄影和书法,会胡思乱想,会写小作文
杂食党
目前沉迷于priest相关

夢を生きる 后记原文及翻译

ありがとうございます、羽生さん!

柚子柚子花:

哪里有鲜柚子:



柚子给新书写的后记。




能看懂日文的建议一定看日文,绝对会被他打动的。




看过的朋友不要奇怪,是本人发的(。




又及本人日语水平有限,中文也不怎么好,欢迎大大捉虫修改~




其实我发这个就是想催还没有买书的党员赶快买书!!!
















この本をお手に取っていただき、ありがとうございます。




普段のインタビューだけでは言い切れない想いが、少しでも伝わっていたらなと思っています。








2015年から18年は、スケート人生の大きな山場であり、そして、谷底に何度も落とされそうになりました。実際には落とされていたのかもしれません。その度にたくさんの想い、言葉に背中を押していただきました。自分の中の奥の奥にある強さと弱さにも助けられました。希望と絶望と、そしてたくさんの光の中でスケートができ、本当に幸せでした。苦労や喜びの絶えない三年間を過ごしました。




そしてそれは、今までのスケート人生の19年間、生まれてからの23年間があったから。苦しい想いももちろんたくさんありました。やめたい、逃げたい、楽しくなんかないって何回も思ってきました。でも、きっと私を心から応援して、支えてくださっている方々、皆さんも思ったことだと思います。それぞれに抱えている過去があって、未来があって、性格やプライドだってあって。苦しさや不幸を単純に比較することなんてできない。だから家族ですらも分かち合えない苦しみがあったと思います。でも、ずっとずっと応援して、支えてくれる人がいました。「それだけで強くなれた」なんてそんな綺麗事は言わないけれども、何度も“幸せのかけら”をもらって頑張れました。そのかけらを“幸せ”にできるように頑張ってきました。








スケートに縛られたり好きになったり、付いたり離れたりばかりだった4〜9歳。リンクがなくなって、試合で勝てなくて、成長することすら感じられなくなっていたノービス時代。悔しさと悔しさと悔しさだけでは成長してきたジュニア時代。シニアになってから、地震、ニースでの世界選手権、仙台を離れたこと、あらゆることでたくさんの想いに気づき、支えられ、感謝の気持ちとともに滑ったソチオリンピックまで。そして、スケートがもっと好きになって、もっともっと上手くなりたいと望み続け、挑み続けた今まで。




それらの自分が全部心の中にいて、その自分たちに胸を張れるように。




これからもずっと「弓の弦を結ぶように、胸を張って、凛とした生き方」をしていきたいと思います。








ファンになってくださった皆さん。




私は恵まれたことに、スポーツ選手でありながら、こんなにもたくさん応援していただけました。本当に感謝しています。試合の時は、選手、アスリートとして集中させていただきました。ノービスやジュニアだった頃と比べ、直接感謝の気持ちうぃ言える機会が減ってしまいましたが、「ありがとうございました」をこれからも伝えていけたらと思っています。








実は、「金メダル」以外にもオリンピックでの夢がありました。幼い頃に見たオリンピックで、選手の方が先生への感謝の気持ちを述べているシーンがすごく印象に残りました。それ見た後、「僕はこの場所(インタビューされる場所)で、習ってきた全ての先生の名前を言おう!」と思いました。それから毎晩のようにシミュレーションをして、寝られない夜を過ごしてきました。いまだにあります。(笑)実際、言うことができず、それは叶わなかったのですが、この場所を借りして伝えさせてください。








真実先生、都築先生、松田先生、関先生、奈々美先生、ナターシャ先生、イゴール先生、長久保先生、ブライアン、トレーシー、ジスラン、デヴィッド、ジェフ、シェイ、ステファン、プルさん。








こんな私を育てていただき、本当にありがとうございました!








羽生結弦
























感谢阅读了这本书的你。




平时在采访里无法说尽的话,就算一点也好,请让我把它们传达给你。








15年到18年的这三年是我花滑人生的高潮,虽然也曾几次跌入谷底。但在我最为困难的时候,大家的支持,安慰我的话语都成为了我的力量,使我能发挥所长,弥补所短。希望与绝望交织,然而无论如何,我还能在光明下滑冰,真的非常非常幸福。这是我辛苦但是快乐,无法完全用言语表达的三年。




在到如今为止19年的花滑人生,23年的生命里,当然也有很多痛苦的回忆。不止一次的想过放弃,逃避,花滑不再是一件快乐的事。但是,我想一直在支持着我的人也一定有过与此类似的时期。我有过去,有未来,有属于我自己的性格和骄傲,痛苦与不幸也不能掩盖它们的光芒。尽管有谁都无法理解的痛苦,但是愿意支持我的人一直都在啊。虽然不能说出仅因此便成就了我这样的漂亮话,但曾经多少次我因为微不足道的幸福而坚持了下来,也可以说,我为了能使生命中的片段成为幸福而努力至今。








与花滑纠缠的4到9岁;失去冰场,无法取得胜利,对未来感到迷茫的,刚开始参加比赛的那段日子。充斥着满满不甘悔恨的青年组时期。升组后,又发生了太多的事,地震,世锦赛,离开仙台。经历了这一切后,被支持着的我,带着感恩的心情,去了索契奥运。此后,我对花滑的热爱仍旧在与日俱增,我也仍旧渴望着登上更高的山峰。




纠结迷茫,身穿逆境,荣耀加身,都是我,我会直面所有的我,为我全部的人生而骄傲。




接下来的人生,我仍旧会把“将人生过成紧绷的弓弦,凌然面对生活”当作我的流义。








致我的冰迷们




于我来说,你们是珍贵的存在。仅仅只是一名运动选手的我,却可以获得如此之多的应援,真的非常感谢。在我比赛的时候,你们给予了我精神力量,让我能够集中于比赛。与以前相比,我再也没有那么多机会能够向你们直接表达谢意,但是请相信我对你们的感谢之情从未减少。








其实,我对奥运,还有除了拿下金牌以外的梦想。我对我幼年时见到的,奥运选手对恩师表达感谢这样的场景印象非常深刻。所以,我也想在赛后被采访时,能对所有的老师,传达我的心意。那之后,我甚至在失眠的夜晚里进行过(在采访时念老师名字的)模仿练习(笑)。然而实际上,我最后没能好好说出来,没有实现这个梦想,所以请容许我借这个地方,圆自己一个梦。








真实老师,都筑老师,松田老师,关老师,奈奈美老师,Natashya老师,Igor老师,长久保老师,Brian,Trancy,Ghislain,David,Jeff,Shay,Stephen,Plu。




感谢你们对我的一切栽培!








羽生結弦






评论
热度(372)

© 闻鹤唳 | Powered by LOFTER